畑を利用した発電

畑を利用して太陽光発電をするソーラーシェアリングは、国土の広大な耕作地を発電に利用することができるため、普及が進めばエネルギー不足の有効な対策になる技術として注目されています。 ソーラーシェアリングは、一定の光を通す形で畑の上空にソーラーパネルを設置することで、農業と発電を同時に行おうとする技術です。これは、植物が太陽光線のすべてを光合成に使っていないことを利用しています。 今や実験的な段階を過ぎ、全国各地の農家で導入が進んでいます。 少数の農家が導入を始めた当初は、農地に関係のない設備を設置することから、農地転用が必要なのか、許可が下りるのかなどの問題がありました。しかし、現在では農林水産省から農地の一時転用をする場合の許可条件も公表され、この問題もクリアされています。

ソーラーシェアリングを始めるためには、必要な機材の準備と設置工事が必要です。 以前は機材の集め方や設置方法は確立しておらず、農家が試行錯誤して、自力でソーラーパネルを乗せる架台を作成したり、必要な機材を集めたりしていました。しかし、現在では機材一式をまとめて販売する事業者も現れています。 ソーラーシェアリングの設備には、ソーラーパネルやパネルを置く架台、パワーコンディショナーなどがあります。そして、それらを設置し配線工事をするにはある程度のノウハウも必要となります。販売業者は、これらの機材一式をまとめて販売してくれるほか、設置作業の代行もしてくれます。 ソーラーシェアリングは、導入するための条件も揃い、さらに普及が進みそうです。