緑内障やお通じの改善に漢方薬期待できるのか

体が弱まることで起きる不調

人の体には免疫があり、免疫があるからこそ健康を維持し続けることができます。しかし、疲労などによって免疫力は下がり、風邪などの病気のリスクは高まってしまいます。若い人ならともかく、お年寄りになると体は弱まりやすく、免疫力も低下しやすいです。そんな時は、漢方を服用して免疫力を向上させましょう。

漢方によって得られるメリット

男性

体の不調を治せる

漢方は、ウイルスを撃退するのではなく体を健康にして病気を追い出します。そのため、漢方薬を飲むことで体の弱っている部分を補強し、病気を自分の力で治療することができます。長く服用すればするほど体の不調を改善し、予防しやすくなります。

副作用が少ない

漢方薬は自分の体を強めるお薬であり、ウイルスをやっつけるようなものではありません。そのため、強力なお薬にありがちな副作用もほぼ無いです。よって、健康面で副作用が気になる人でも漢方ならば安全に治癒することができます。

緑内障からお通じの改善まで

年をとり、機能が衰えることで緑内障になったり、お通じが悪くなったりすることは多いです。そんな時、薬を飲んでも意味はありません。なぜなら機能の低下が原因だからです。こんな時は漢方を飲んで体を健康体にすることでお通じの改善や緑内障の予防をすることになります。

緑内障やお通じの改善に漢方薬期待できるのか

女の人

西洋医学と東洋医学

我々が病院で処方してもらえるお薬は西洋医学、漢方は東洋医学に分類されます。西洋医学は病気の元を直接叩いて治すため即効性はありますが、体に負担がかかります。東洋医学の場合、即効性はありませんが体を健康にして病気を治すため、副作用はほとんどなく、なおかつ治療後はより健康になっているので再発のリスクが少ないというメリットがあります。

女の人

基本は内臓の強化

漢方薬では、基本的に内臓の強化を行います。人の体は内臓の不調が原因で発生することが多く、内臓が弱っているからこそ免疫力が落ちてしまうからです。よって、漢方薬は内臓を強化して体を鍛えるものが多いです。具体的にいえば、内臓を温め、活性化させる生薬(漢方に使う材料のこと)を用います。お通じの悪化による便秘や緑内障も、内臓が関係しています。例えば緑内障は内臓が弱まることで血行が悪くなり、それが原因で目に問題が生じます。

男女

処方してもらったものが一番良い

漢方薬は、薬局などで市販されていますが、一番オススメなのは診断を受けて処方してもらったものです。人の体は個人個人で体質なども異なるため、使用する生薬などの量も調整する必要があります。市販品でもそれなりの効果はありますが、診察を受けて処方してもらった漢方のほうが効果は高いです。大阪では漢方に関する名医も多く、より確実な診断をしてもらえます。

健康体になるために

漢方薬は風邪薬などのような即効性はありません。効果も緩やかであり、一日では実感しにくいです。しかし、漢方を飲むことで体を健康にしていけば、風邪なども予防することができますし、ウイルスが原因ではない体に起きたトラブルも改善や予防することができます。また、大阪では漢方薬の薬局も多く、手軽に入手できるのもメリットの1つといえます。

広告募集中