老化現象の問題はハンドペインや膝の痛みなどがあります。

老化現象の問題はハンドペインや膝の痛みなどがあります。

ウーマン

老いることでおきる問題

人は年をとるごとに体の機能が衰えていきます。これは体の細胞が弱まり、生命維持のために不要と判断した体の機能をストップさせるからです。また、長年によって関節や軟骨などもすり減ってしまうのも衰えの現象です。そういった衰えが原因で、膝が痛くなったり、腕の血管がうっすらと見えるようになってしまうのです。

困る人

ハンドペインとは

ハンドペインとは、腕の血管がうっすらと浮き出る現象であり、厳密に言えば病気ではありません。これは体が衰えることで皮下脂肪が減り、血管が浮き出てしまっているのです。前述したように、特に健康面に問題はありませんが、浮き出ることで老いを感じるため、嫌がる人は多いです。

ウーマン

老化現象は病院で治す

ハンドペインや膝の痛みは、どんなに予防をしても防ぐことはできません。しかし、発生した場合は病院に行って相談をすることで痛みを軽減したり、浮き出た血管を隠すことができます。これは例えば、ハンドペインの場合は毛細血管をレーザーで焼き切りなくしてしまったり、膝の痛みの場合はコラーゲンの注入などで痛みを軽減することができます。

老化現象を防ぐための主な手段

  • 美容整形外科等による簡単な手術(膝の痛み・ハンドペインともに即日帰宅科)
  • 美容整形外科によるコラーゲン注射(膝の痛み)
  • 定期的な運動(筋肉増加による負担の軽減)
  • サプリ(栄養摂取で運動時に発達する筋肉の増加)
  • ストレッチ(膝を温めることによる機能低下の予防)
  • 入院が必要な手術(人工関節の使用)
  • コラーゲン注射(ハンドペインの解消)

広告募集中