電力を蓄えるシステム

ソーラーシェアリングとは、農地に太陽光発電設備などの発電できる設備を設置し、農産と発電を同時に行うことのシステムのことで、このシステムを農林水産省は「営農型発電設備」と呼んでいます。 このソーラーシェアリングの利点は、植物には、光飽和点というものが存在しており、ある一定以上の光を浴びても植物は成長せず、過度な光を浴びるのは植物にとって有害であり、農産物の出来が悪く収穫できない場合があり、ソーラーシェアリングを行うことで、太陽光発電設備による太陽の光の遮断ができることで、農産物への光の飽和を遮ることができ、より効率よく光合成ができるようになり、農産物の収穫量を減らさず、電力を蓄えることができる点である。

このソーラーシェアリングで工夫して農産物の収穫量を減らさずいかにして、電力を蓄えるかが大事となりますが、工夫する点は、農産物ごとの光飽和点のことをよく考えることです。 トマトは、かなり光の量を必要とするので、太陽光発電機を設置する場合、多すぎると問題がでるので、光飽和点がどれくらいなのか、そして太陽光発電機をどれくらい置いても平気なのかをよく考えて設置することが大切になります。 例外で、トウモロコシは、光飽和点がない植物で、光をたくさん浴びることで成長するはずの植物ですが、太陽光発電機を置いているトウモロコシの農地と置いていないトウモロコシの農地の成長具合を見ると、置いている方が、とても成長するという不思議なことが起きる植物もあるそうです。